益子焼

先日、主人とにゃおっちさんと3人で益子へ食器を買いに行ってきました。
車で2時間ちょっと。
近いものです。

去年の秋に訪れた
窯元・『明窯』 (あきらがま)さんへ。
秋には”ぴーちゃん”というワンちゃんが接客をしてくれましたが、2週間前に安らかに逝ってしまった、と。
ぴーちゃんとは愛称で、本名は ”ブラット・ピット”。
迷い犬で推定16歳。
ご主人が陶器を作っていると、ぴったり寄り添って一緒に作っているようでした。
もちろん、接客力も抜群。尾っぽを振って、
 「いらっしゃ~い。ゆっくり見て行ってくださいね~。ご主人の焼き物はいいですよ~」
と、言っているかのようでした。

奥さんのお話を聞いていて、ちょっとウルッとしてしまいました・・・。

ぴーちゃん、天国からご主人と奥さんを見守ってくださいね。


で、今回は・・・
a0188845_947610.jpg

急須。
以前に大型店で200円の急須を買ったものの、お茶がきれいに出ずにたれてしまって。
安物ですね・・・。
やはり、普段使いも物は機能性があり、気に入った物を少々高くとも求めるべきなんですね。
a0188845_9505480.jpg

↑見てください!
この急須は持ち手と口が一直線に作られているため、使い勝手がよく、お茶を入れやすい。


a0188845_95254.jpg

うどんを作る主人が一目ぼれ。
 「これでざるうどん、食べたらおいしいだろうな~」
と。


a0188845_9531075.jpg

このシリーズがとても素敵なんです!!
昨秋小鉢を5枚求めて1枚割ってしまいました。
奥さんにそれを話すと
 「嬉しいです。普段使ってくれてることですからね。もう、食器はどんどん使って割ってください^^」
ああ、暖かいなぁ。
割ったことを責めずに、使っていることに喜んでくれて。
そんな奥さんの人柄が素敵なんですよね^^


a0188845_9565599.jpg

今回のお買いもの♪


奥さんが
 「20年同じ値段にしてるんです。もし自分が買う側になると高いと普段使いにできなじゃないですか。食器はどんどん使って頂きたいですし^^」
なので、本当にお安いと思います。
都内のデパートだと2~3倍しても当然というくらい。

また、奥さんが
 「焼くときにはコメのもみ殻や木は全部自然のものを使っているんです。口を付ける物だから安全な物がいいですものね。海外の安い食器は化合物とかが多そうですし・・・」
だから、優しい色の食器になるんですね~。

店内には薪ストーブがあり、カフェも併設してます。
奥さん特製の地鶏卵を使ったシフォンケーキが絶品です!
濃厚な卵の香りで、甘さ控えめで。


ぜひ、益子へ行く際は寄ってみてはいかがでしょうか?
あ、ちなみにオーダーメイドもして頂けますよ。
窯場の見学もできます。


『明窯』
〒321-4217
益子町益子3053-4
℡:0285-70-6522
(益子焼窯元共販センター(大きなたぬきがあります)から徒歩2分)

[PR]

by makiw25 | 2011-03-02 10:12 | 買い物  

<< チューリップ 2 リッチパン >>